私たちのウェブサイトは最高可能なサービスを提供するためにさまざまなクッキーを使用しています。私たちのウェブサイトでのクッキーの使用および注意事項や無効にするための可能性についての情報は私たちの情報ページをご覧ください。あなたの同意により、あなたはクッキーの使用についての情報を読まれたこと、そしてそれに同意されることを確認されることになります。データ保護のテーマについて私たちの詳細情報にも注意してください。

TDK TDK Electronics

慣性センサ

2017年5月16日

高精度での位置測定

[---Image_alt---] Teaser_LG_Sub5_en

慣性センサはわずか1つのコンポーネントで、非常に正確に位置、方位、加速度および速度を測定できます。自動運転車、ロボット、ドローンや多くのIoTアプリケーションはこのような機能を必要とします。慣性センサとMEMSのスペシャリストであるTronicsの株式の大部分を獲得することで、TDKはその革新性を強化し、センサ範囲を拡大し、これらの製品をTronicsブランドで市場に提供します。

MEMSジャイロと加速度計のために、一連の高精度センサ製品群がシステム設計者に提供されます。最新の開発はTronics GYPRO3300で、TDKはこれにより3次元の角度変化を測定することができるコンパクトMEMSジャイロのための新しい基準を打ち立てています。GYPRO®シリーズのセンサは、MEMSダイとICが頑丈な30ピンのセラミックパッケージに収められています。

クラスで最高:車載用の必要条件をはるかに超える

GYPRO3300は工場で調整されており、内蔵温度センサにより温度補償されています。これにより、広い温度範囲で高精度での安定した動作が可能です。24ビットの信号をシリアルペリフェラルインターフェース(SPI)で出力し、0.8°/hのバイアス安定性と0.1°/√hの偏差角という優れた特性を持っています。これらの数値は自動車産業の必要条件をはるかに上回ります。

[---Image_alt---] Figure1_Sub5_en
図 1:

Tronics GYPRO®慣性センサは、その高い精度と安定性のゆえに、位置と角度の検知に関係する高い要求に対応するのに特に適した製品です。

シングルチップに収められたその優れた性能により、Tronics GYPRO3300はクラスで最高との評価を得ています。加えて、そのサイズはわずか19.6mm×11.5mm×3.7mmです。したがってこのMEMSジャイロは、石油採掘プラットホームの安定化、航空機ナビゲーション、姿勢方位基準装置(AHRS)や先進運転支援システム(ADAS)のような非常に厳しい要求の用途に適しています。

コンパクトMEMS慣性センサは、統合の新レベルを実現したTronics Magellanプロセス技術に基づいています。これにより1つのチップで6軸もの測定が可能になります。

関連記事

センサ事業を拡大するTDKkeyboard_arrow_right

温度センサkeyboard_arrow_right

圧力センサkeyboard_arrow_right

磁気センサkeyboard_arrow_right

ホールセンサkeyboard_arrow_right