私たちのウェブサイトは最高可能なサービスを提供するためにさまざまなクッキーを使用しています。私たちのウェブサイトでのクッキーの使用および注意事項や無効にするための可能性についての情報は私たちの情報ページをご覧ください。あなたの同意により、あなたはクッキーの使用についての情報を読まれたこと、そしてそれに同意されることを確認されることになります。データ保護のテーマについて私たちの詳細情報にも注意してください。

TDK TDK Electronics

フェライト

2017年11月21日

高周波用低損失フェライト材を開発

[---Image_alt---] Teaser_LG_ja

TDK株式会社(社長:石黒 成直)は、高周波で損失が低いMnZnフェライトのPC200材を開発したことを発表します。これは、高速スイッチングパワー半導体、GaNで駆動する電源およびDC/DCコンバータ向けに開発されたものです。PC200材は駆動周波数が700 kHz~4 MHzで低損失であり、特に1.8 MHz~2 MHz、動作温度100 °Cで電力変換能力が最大になります。キュリー温度は250 °Cです。

PC200材は薄型トランスに適しており、ER、EFD、ELP、EQ、I、PQおよびRMコアが対応可能です。高周波において低損失のため、将来、大幅に小型化したトランスを設計出来、電源の効率も向上します。これにより大幅な省エネを実現出来ます。

主なアプリケーション

  • 高速スイッチングパワー半導体、GaNで駆動する電源およびDC/DCコンバータのトランス

主な特長と利点

  • 周波数700 kHz~4 MHzにおいて低損失;1.8 MHz~2 MHzで電力変換能力最大