私たちのウェブサイトは最高可能なサービスを提供するためにさまざまなクッキーを使用しています。私たちのウェブサイトでのクッキーの使用および注意事項や無効にするための可能性についての情報は私たちの情報ページをご覧ください。あなたの同意により、あなたはクッキーの使用についての情報を読まれたこと、そしてそれに同意されることを確認されることになります。データ保護のテーマについて私たちの詳細情報にも注意してください。

TDK TDK Electronics

ノイズ抑制シート

2017年5月23日

銅箔ラミネート型高透磁率磁性シートの開発と量産

[---Image_alt---] Teaser_LG_ja
  • 当社独自の銅箔ラミネート工法により、従来品IFL10M 厚さ0.1mm品に比べ、同等性能で約60%の薄型化を達成
  • アキレス株式会社が開発したナノ分散ポリピロール液を用いた「めっき処理技術」を活用し、厚さ約1 µmの銅箔を実現

TDK株式会社(社長:石黒 成直)は、銅箔ラミネート型高透磁率*1磁性シートIFM10Mシリーズを開発し、2017年6月より量産することを発表します。

近年、スマートフォンをはじめとする各種電子機器は、小型薄型化と共にNFC*2や非接触電力伝送など、多機能化が進んでいます。これに伴い、機器内部は一層の高集積化が進み、ノイズ対策についても効率の良い抑制効果が求められています。ノイズ対策は、基板上の回路設計と、それに伴い実装される各種電子部品により施されますが、これに加え、想定外の不要なノイズに対しても輻射を抑える必要があり、ノイズを吸収し熱エネルギーに変えることができる磁性シートを使うことで、ノイズが機器外部へ漏れることや、機器内部で反射し他の部品等に影響を与えることを防ぎます。

本製品は、磁性シートと独自工法により形成した厚さ約1umの銅箔とをラミネートしており、従来品IFL10M シリーズの厚さ0.1mm品と同等のノイズ抑制性能で約60%の薄型化(厚さ約0.04mm)を実現しています。

今回当社が開発した厚さ約1 umという極薄層の銅箔は、アキレス株式会社(社長:伊藤 守)のナノ分散ポリピロール液を用いためっき処理技術を活用することで実現しました。

本製品の標準シートサイズは300×200mm、厚み寸法は貼付用両面テープを含み0.05mmです。従来品のIFL10Mシリーズ、IFL12シリーズに加えて豊富なラインアップを提供します。

用語集

  • *1透磁率: 磁性体に磁界を印加したときの直の増加率のことで、磁性体における磁力線の吸収しやすさのこと。
    記号μ’(ミュー)で表される。
  • *2NFC: 近距離無線通信(Near Field Communication)のこと。

主な用途

  • スマートフォン、タブレット端末やノートPC等、電子機器のノイズ抑制通信機能を搭載したゲーム機器
  • 電磁誘導式ペン入力の感度向上

主な特長と利点

  • 磁性層と銅箔のラミネート構造により、広帯域・高効率のノイズ抑制効果を維持しながら薄型化と
    軽量化へ貢献します。

主要製品

製品名透磁率
 [μ’]
(at 1MHz typ.)
推奨使用周波数帯
[MHz]
標準外形寸法
[mm]
厚み寸法
[mm]
IFM10M-025BB300X2001000.5 ~ 10000300 x 2000.04